知識に裏打ちされた遺品整理士の仕事

故人の部屋がもので溢れかえっていたとしましょう。

まるでゴミ屋敷みたいな状態。

普通の処分業者ならば、スピードを優先するでしょう。

どんどんとゴミ袋に放り込んで搬出するのではないでしょうか?しかし遺品整理士は違います。

この記事では単なる不要品の処分とは違う、遺品整理士の重要な作業について解説します。

◆遺品整理士は相続手続きに必要なものがないか確認しながら作業を進めます。

例えば、相続に必要になる不動産の権利書や預金通帳です。

こういったものが埋もれている可能性があります。

見つかりにくいように隠されている場合もあるからです。

意外な場所に遺言書が隠されていないかも確認してくれます。

相続の知識に疎い遺族でも遺品整理士ならば安心して任せることができます。

◆大切な人が死亡した悲しみが落ち着いたら遺品整理をしましょう。

大事な家族が他界すると悲しみやショックも大きいです。

ですが現実は悲しんでいる間もなく時が過ぎます。

各種手続きをテキパキとこなさなければなりません。

葬儀や初七日・四十九日の準備などがあり、悲しむ余裕もなくなります。

悲しみに暮れているよりも、忙しい時間があるので、時間のゆとりができたころに悲しみもかなり癒えています。

もしかして葬儀や役所への手続きの慌ただしい時間は遺族の悲しみを緩和させるためにあるのかもしれないですね。

一段落したら故人の遺品整理にも気を向けてください。

そんなときには遺品整理業者の力を借りてみませんか?